企業内環境における言語の壁を乗り越える方法

組織をより良くするためにダイバーシティの重要性を議論する企業が増えているのをよく見かけます。ダイバーシティは、人々が異なる経験を組み合わせることで、ユニークで、創造性と収益性の高いソリューションを生み出すことを可能にします。多様性とインクルージョンの受け入れに関する最近のForbesのレポートによると、民族的多様性において上位4分の1に位置する企業は、競合他社と比較して35%もパフォーマンスが上回るという。

ダイバーシティは、人種、社会階級、性別、性的指向を考慮していますが、文化の多様性を奨励し、出身国や国籍の異なる人々とチームを作り、言語習得における大きな障害を軽減することにも役立っています。実際、最近Voxyでは言語学習者のために、「ダイバーシティ、インクルージョン、ソーシャルジャスティスコース」の会話を英語でできるようにするための新しいコースを導入しました。

英語は今でも世界の労働市場で最も必要とされる言語の一つです。英語を習得したチームを作ることは、世界のさまざまな地域のチーム間のコラボレーションを促進するだけでなく、英語でしか入手できない書籍やビデオ、講義などの知識にアクセスするための扉を開くことにもなります。

従業員同士の言葉の壁を乗り越えるために組織を支援したいと考えているのであれば、これらの重要な要素を検討してみてください。

学びと自己啓発の文化を育む

正式名称はどうであれ、ほとんどの企業には従業員のトレーニングを担当する人事部(とそのマネージャーや部門リーダー)がいるはずです。これらの担当者は、企業内での英語学習を促進する方法を模索する必要もありますが、同時に、言語トレーニングプログラムを実施することで得られる結果を完全に可視化し、コントロールすることができなければなりません。

英語のトレーニングソリューションを探しているとき、担当者は会社の具体的な目標を知っていなければ、最適なものを見極めることができません。英語は全社員に必要なのか、特定のグループだけに必要なのか?英語は、組織内のある特定の重要な活動のための要件なのか、それとも全体の業務の漸進的な改善のためなのか?

このような質問をすることで、市場に出回っているソリューションを比較して企業のニーズに最も適したものを特定するだけでなく、言語プログラムの結果を分析することができます。現況に対しての成功の指標や指針を特定することで、組織は投資したものがビジネスにもたらしているリターンを明確に把握することができます。

制度的インセンティブ

語学プログラムの成功は人事だけの責任ではなく、会社全体で共有しなければなりません。ビジネスリーダーは、このような言葉の壁を壊すことに挑戦し、関係する従業員全員にこの活動に参加することを奨励しなければなりません。また、定着度が高い従業員や英語学習の進歩が著しい従業員を表彰するプログラムを開発することで、従業員全体の参加度を高めることができます。重要なのは、組織が語学プログラムを奨励すると同時に、そのような表彰システムがあることを組織内に周知することなのです。

従業員が英語学習を自分のスケジュールに合わせられるようにしたり、組織構造の中でプログラム代表者を選出したり、経営者・リーダー陣が語学プログラムへ参加することなどが、チーム研修における制度的なインセンティブを促進する方法である。

キャリア形成における重要性を強調

前述の通り、英語力の高いチームは組織全体の成果にプラスになりますが、各個人の育成においても、この知識の重要性を強調しておきましょう。英語の知識は、企業構造の下層職であっても重要であることがありますが、それはしばしば上位管理職やリーダー職には不可欠な要件となり、また、組織の言語プログラムに従事する従業員のインセンティブとしても機能します。

また、英語をマスターすることで、その言語にしか存在しないことが多い知識にもアクセスできるようになります。解読可能なコンテンツの幅を広げることは一般的に、新しい知識を試したり深めたりすることができ、興味がある新しい分野を見つける可能性にもあります。これはプロフェッショナルとしてのパフォーマンスを高めることになるのです。

ジャパンマーケットパートナーは、ROIにプラスの影響を与えるパーソナライズされた学習に焦点を当てた革新的な英語トレーニングソリューションを提供しています。弊社のチームにお問い合わせいただければ、貴社のビジネスにおけるコミュニケーション障壁を打破するお手伝いをさせていただきます

ORIGINALLY POSTED AT voxy.com ON BY マテウス・トラノ

Related Articles