クライアント体験談:オンライン学習への移行成功

対面授業のみの教育をオンラインまたはブレンデッドカリキュラムに移行するための急務は、前触れもなくやってきました。第二言語としての英語(ESL)の学生が在籍するプログラムの管理者にとって、言語学習者のユニークなニーズを確実に満たしながら、通信教育コースを迅速に開設しなければならないという強いプレッシャーがありました。そこで、オンラインやブレンデッドプログラムへの移行に成功したいくつかのVoxyの組織を紹介します。ここでは、オンラインやブレンデッドプログラムへの移行成功に貢献したVoxyの組織を紹介します。

現在の世界的パンデミックの激動の中で、初心者も経験豊富なESLプログラムの管理者も、「どう対応すればいいのか、どうすれば生徒の学習を中断せずに授業を開始できるのか?」と同じような悩みを抱えています。例えばクイーンズ公共図書館、ニューヨーク市で最も民族的に多様な地区にサービスを提供している最大の図書館機関の一つを考えてみましょう。

「私たちは2週間後に開始せねばならない21のバーチャルクラスがあり、そのうちの3クラスはESOL(第二言語としての英語学習者) WIOA(労働力革新機会法対象者)の人たちを対象にしていましたので、オンラインでのセットアップを早く行うためにVoxyに依頼しました。Voxyはキャリアに沿ったコースや、コマンドセンターを通じての学生の進捗追跡、ライブのグループレッスンへのアクセスなどを提供してくれました。私たちの生徒たちは、Voxyでの英語学習が楽しいと絶賛し、学期の終わりには『来学期もVoxyを使えるかな?』との声を受けます。Voxyに興味を持ったプログラムにはぜひお勧めしたいです。」とクイーンズ公共図書館、臨時ブレンデッド・ラーニング・コーディネーター、サラ・シディック氏は言う。

このような説得力のあるサクセスストーリーがあるからこそ、私たちはVoxyの導入を支援するのです。他のオンライン学習への移行を成功させた事例もぜひお読みください。

ジャパンマーケットパートナーがどのように組織のプログラムのオンライン移行を支援しているかに興味がありますか? こちらをご覧ください

投稿日2020年10月1日アレクシス・トッド

Related Articles